岐阜県国保地域医療学会の状況

国民健康保険診療施設の写真

岐阜県国保診療施設における活動状況を公開しています。見たいタイトルをクリックしていただくと詳細が下に開いて表示されます。

平成28年

第21回岐阜県国保地域医療学会の開催
第21回岐阜県国保地域医療学会の開催
平成28年11月20日(日)岐阜市:ふれあい福寿会館

第21回学会メインテーマ 「地域包括医療・ケアを支えるまちづくり」

  • 第21回岐阜県国保地域医療学会の開催
  • 第21回岐阜県国保地域医療学会の開催
  • 第21回岐阜県国保地域医療学会の開催
  • 第21回岐阜県国保地域医療学会の開催
  • 第21回岐阜県国保地域医療学会の開催
  • 第21回岐阜県国保地域医療学会の開催
学 会 長 須原 貴志 下呂市立金山病院長
副学会長 川尻 宏昭 高山市国保高根診療所長
参加者数 250名
研究発表 48演題
特別講演 演 題 「住み慣れた地域で、安心して暮らし続けるために
~永源寺の地域まるごとケア~」
講 師 花戸 貴司 氏 東近江市永源寺診療所長
シンポジウム テーマ 「支えあい 助けあう まちづくり」
発言者 都竹 淳也 氏 飛騨市長
石黒 幸司 氏 恵那市国保上矢作歯科診療所長
置名  愛 氏 国保坂下病院講師 健康運動指導士
高井 道子 氏 飛騨地区認知症カフェ実行委員会委員長
桂川のぞみ 氏 東白川村保健師
 表彰(優秀研究発表者・第57回全国国保地域医療学会への推薦)
最優秀 多職種での情報共有のための共通連携ノート作成に取り組んで
郡上市役所健康福祉部高齢福祉課地域包括支援センター
主任介護支援専門員 安田 幸二 氏
優 秀 「今、そこにある危険を感じて」糖尿病予備群ドタバタ劇
下呂市立金山病院 看護師 石田 寿恵 氏
優 秀 在宅支援におけるチャットを活用した多職種連携
国保飛騨市民病院 理学療法士 巣之内 大輔 氏
優 秀 5S活動で進める医療ミス・事故防止、健全経営への取り組み
国保飛騨市民病院 医師 工藤 浩 氏
第56回全国国保地域医療学会で岐阜県共同研究を発表
第56回全国国保地域医療学会で岐阜県共同研究を発表
平成28年10月7日(金)~8日(土)山形県山形市

第56回全国国保地域医療学会(山形県・秋田県共同開催)の研究発表において、岐阜県国保診療施設協議会としての共同研究を発表しました。

  • 第56回全国国保地域医療学会で岐阜県共同研究を発表
  • 第56回全国国保地域医療学会で岐阜県共同研究を発表
演 題 名 発 表 者
今後の人口動態と医療機関(施設)の規模についての意識調査 県北西部地域医療センター国保和良診療所長
廣瀬 英生 氏

平成27年

第20回岐阜県国保地域医療学会の開催
第20回岐阜県国保地域医療学会の開催
平成27年11月15日(日)岐阜市:ふれあい福寿会館

第20回学会メインテーマ 「これからの地域包括医療・ケアの進むべき真の道」

  • 第20回岐阜県国保地域医療学会の開催
  • 第20回岐阜県国保地域医療学会の開催
  • 第20回岐阜県国保地域医療学会の開催
  • 第20回岐阜県国保地域医療学会の開催
  • 第20回岐阜県国保地域医療学会の開催
  • 第20回岐阜県国保地域医療学会の開催
学 会 長 浦田 英男 中津川市国保蛭川診療所長
副学会長 石黒 幸司 恵那市国保上矢作歯科診療所長
参加者数 254名
研究発表 42演題
特別講演 演 題 「岐阜県国民健康保険診療施設協議会のあゆみと今後の課題」
講 師 高山 哲夫 氏 国保坂下病院名誉院長
シンポジウム テーマ 「温故知診~地域で支える地域包括医療・ケア~」
発言者 西脇 康世 氏 関ケ原町長
成原  茂 氏 白川村長
西脇 巨記 氏 国保上矢作病院長
池戸 信夫 氏 まめなかな和良21プラン推進検討部会長
安江佐智子 氏 中津川市健康福祉部健康医療課課長補佐
 表彰(優秀研究発表者・第56回全国国保地域医療学会への推薦)
最優秀 地域ケア会議~新たな取り組み~
国保上矢作病院 看護師 伊藤 真由美 氏
優 秀 当地域における脳卒中死亡の上昇に対する詳細検討
県北西部地域医療センター国保和良診療所 医師 松居 志洋 氏
優 秀 「あいうべ体操」の効果と取り組みについて考える
関市国保板取診療所歯科 歯科医師 馬嶋 隆 氏
優 秀 医療機器研修会の改善~安全意識の向上を目指して~
国保坂下病院 臨床工学技士 青山 忠弘 氏
第55回全国国保地域医療学会で岐阜県共同研究を発表
第55回全国国保地域医療学会で岐阜県共同研究を発表
平成27年10月2日(金)~3日(土)埼玉県さいたま市

第55回全国国保地域医療学会(埼玉県開催)の研究発表において、岐阜県国保診療施設協議会としての共同研究を発表しました。

  • 第55回全国国保地域医療学会で岐阜県共同研究を発表
  • 第55回全国国保地域医療学会で岐阜県共同研究を発表
演 題 名 発 表 者
岐阜県国保直診における学校保健との関わり
-第1報・第2報-
恵那市国保上矢作歯科診療所長
石黒 幸司 氏
岐阜県の発表者2名が第54回全国国保地域医療学会の優秀研究表彰を受賞
岐阜県の発表者2名が第54回全国国保地域医療学会の優秀研究表彰を受賞 平成27年10月2日(金)埼玉県さいたま市

第55回全国国保地域医療学会において、第54回全国国保地域医療学会(平成26年10月10日(金)~11日(土):岐阜県開催)の研究発表(363演題)の中から、優秀研究に選ばれた岐阜県の発表者が表彰されました。

  演 題 名 発 表 者
優 秀 <介護Ⅰ>
地域の介護予防課題の優先順位をどう決めるか?
郡上市地域医療センター長
後藤 忠雄 氏
<保健事業Ⅵ>
特定健診事業推進における特定健診等評価推進全体会議の役割について
郡上市健康福祉部健康課 保健師
西脇 麻菜美 氏

平成26年

第54回全国国保地域医療学会で岐阜県共同研究を発表
第54回全国国保地域医療学会で岐阜県共同研究を発表
平成26年10月10日(金)~11日(土)岐阜県岐阜市

第54回全国国保地域医療学会(岐阜県開催)の研究発表において、岐阜県国保診療施設協議会としての共同研究を発表しました。

演 題 名 発 表 者
透析患者に対する在宅での取り組みについて 恵那市国保岩村診療所長
前野 禎 氏

平成25年

第19回岐阜県国保地域医療学会の開催
第19回岐阜県国保地域医療学会の開催
平成25年11月17日(日)岐阜市:ふれあい福寿会館

第19回学会メインテーマ  「岐阜県らしい地域包括医療・ケアとは!?」

  • 第19回岐阜県国保地域医療学会の開催
  • 第19回岐阜県国保地域医療学会の開催
  • 第19回岐阜県国保地域医療学会の開催
  • 第19回岐阜県国保地域医療学会の開催
  • 第19回岐阜県国保地域医療学会の開催
  • 第19回岐阜県国保地域医療学会の開催
学 会 長 南   温 郡上市地域医療センター国保和良歯科診療所長
副学会長 棚橋 徳重 関市国保板取診療所長
参加者数 325名
研究発表 42演題
特別講演 演 題 「連携と協働による地域づくりを」
講 師 赤木 重典 氏 京都府京丹後市立久美浜病院長
シンポジウム テーマ 「地域包括医療・ケアの発展のために更なる地域連携を」
演 者 安江 眞一 氏 東白川村長
小笠原文雄 氏 小笠原内科院長
南   温 氏 郡上市地域医療センター国保和良歯科診療所長
細田 きく子 氏 国保関ケ原病院 医療福祉相談室長
横山 郁代 氏 羽島市福祉部健康管理課 課長補佐
 表彰(優秀研究発表者・第55回全国国保地域医療学会への推薦)
最優秀 郡上市地域包括ケアシステムの構築をめざして
 ~地域包括ケアネットワーク研究会の立ち上げ~
郡上市健康福祉部高齢福祉課 保健師 羽土 小枝子 氏
優 秀 神経難病患者との関わりを通じて学んだこと
国保関ケ原病院 看護師 横山 理子 氏
優 秀 当院の感染対策に対する取り組み 院内・地域で~
国保坂下病院 看護師 山中 美和 氏
優 秀 糖尿病透析予防指導を通して学んだこと
 ~管理栄養士の立場から~
国保関ケ原病院 管理栄養士 髙木 洋子 氏
第53回全国国保地域医療学会で岐阜県共同研究を発表
第53回全国国保地域医療学会で岐阜県共同研究を発表
平成25年10月4日(金)~5日(土)島根県松江市

第53回全国国保地域医療学会(島根県・鳥取県共同開催)の研究発表において、岐阜県国保診療施設協議会としての共同研究を発表しました。

  • 第53回全国国保地域医療学会で岐阜県共同研究を発表
  • 第53回全国国保地域医療学会で岐阜県共同研究を発表
演 題 名 発 表 者
岐阜県国保直診における医科・歯科連携の現状 恵那市国保山岡診療所
恵那市山岡歯科保健センター長
安藤 彰悟 氏

平成24年

第18回岐阜県国保地域医療学会の開催
第18回岐阜県国保地域医療学会の開催
平成24年11月18日(日) 岐阜市:ふれあい福寿会館

第18回学会メインテーマ 「地域包括医療・ケアの要(かなめ)を考える」

  • 第18回岐阜県国保地域医療学会の開催
  • 第18回岐阜県国保地域医療学会の開催
  • 第18回岐阜県国保地域医療学会の開催
  • 第18回岐阜県国保地域医療学会の開催
  • 第18回岐阜県国保地域医療学会の開催
  • 第18回岐阜県国保地域医療学会の開催
学会長 古田智彦氏 (下呂市立金山病院長)
副学会長 根尾実喜子氏 (国保飛騨市河合診療所長)
参加者数 250名
研究発表 46演題
特別講演 演題 「地域医療を守り続けた日々を振りかえって」
講師 三村經夫氏 (徳島県・つるぎ町立半田病院 顧問)
シンポジウム テーマ 「地域包括医療・ケアの発展のために今我々は何をすべきか」
演者 青山節児氏 (中津川市長)
村上啓雄氏 (岐阜大学医学部附属地域医療医学センター長)
瀬古 章氏 (国保関ケ原病院長)
中川奈緒美氏 (公益社団法人岐阜県看護協会 下呂訪問看護ステーション 管理者)
中田佳代子氏 (飛騨市市民福祉部健康生きがい課 保健師)
 表彰(優秀研究発表者・第53回全国国保地域医療学会への推薦)
最優秀賞 「デコボコ市の人々を語る~健康づくり人形劇を通して~」
国保坂下病院 薬剤師 西尾 晃氏
優秀賞 「脳血管疾患リハビリにおける自宅退院までの一症例
-回復期から維持期移行への課題-」
国保上矢作病院 理学療法士 伊藤 豊彦氏
優秀賞 「NSTにおける理学療法士介入の効果の検討」
国保飛騨市民病院 理学療法士 井出 浩希氏
優秀賞 「病院改革プランにおける検査部の取り組みと検証」
郡上市国保白鳥病院 臨床検査技師 三島 一巳氏
優秀賞 「接遇改善を目指した職員参加型ワークショップに取り組んで」
郡上市地域医療センター国保和良診療所 事務 曽我 由縁氏
第52回全国国保地域医療学会で岐阜県共同研究を発表
第52回全国国保地域医療学会で岐阜県共同研究を発表
平成24年10月6日(土) 熊本県熊本市

第52回全国国保地域医療学会(熊本県開催)での研究発表において、岐阜県国保診療施設協議会としての共同研究を発表しました。

共同研究(演題)

  • 第52回全国国保地域医療学会で岐阜県共同研究を発表
  • 第52回全国国保地域医療学会で岐阜県共同研究を発表

「今後の在宅医療・介護の取り組み及び支援体制についての課題と展望」
国保関ケ原病院長 瀬古 章氏

岐阜県の発表者1名が第51回全国国保地域医療学会の優秀研究表彰を受賞
岐阜県の発表者1名が第51回全国国保地域医療学会の優秀研究表彰を受賞 平成24年10月5日(金)熊本県熊本市

第52回全国国保地域医療学会において、第51回全国国保地域医療学会(平成23年11月11日(金)~12日(土):高知県開催)の研究発表(283演題)の中から、優秀研究に選ばれた岐阜県の発表者が表彰されました。

  演 題 名 発 表 者
優 秀 <ボランティア、介護、在宅医療・ケア>
補助器具と改良説明書を用いた高齢者のインスリン治療継続への試み
国保坂下病院 薬剤師
西尾 晃 氏
***
「地域医療」~国保直診の仲間たち~に掲載
平成24年01月01日(日)(Vol.49 No3):国診協発行

全国国民健康保険診療施設協議会が発行(年4回)の機関誌「地域医療」に、岐阜県の国保診療施設を代表して国保上矢作病院(安藤勝枝氏)より寄稿していただき、「国保直診の仲間たち」に掲載されました。



国保直診の仲間たち
栄養士
「地域における栄養士の関わり」
国保上矢作病院 管理栄養士 安藤勝枝氏

平成23年

***
第17回岐阜県国保地域医療学会の開催
平成23年11月20日(日) 岐阜市:ふれあい福寿会館

第17回学会メインテーマ 「広域化地域における地域包括医療ケア」

学会長 西脇巨記氏 (国保上矢作病院長)
副学会長 前野 禎氏 (恵那市国保岩村診療所長)
参加者数 335名
研究発表 52演題
特別講演 演題 「広域化地域の中で
 地域包括医療・ケアを如何に展開するか」
講師 押淵 徹氏 (全国国保診療施設協議会副会長)
               (長崎県国保平戸市民病院長)
シンポジウム テーマ 「医療と関連施設との連携を如何にとっていくか
  ~市町村合併の影響も含めて~ 」
演者 國島芳明氏 (高山市長)
大島紀玖夫氏 (恵那市国保串原診療所長)
津田仁美氏 (飛騨市 老人保健施設たかはら
 歯科衛生士)
松本文枝氏 (中津川市 訪問看護ステーションほほえみ 訪問看護師)
河合美知恵氏 (大垣市保健センター 保健師)

シンポジウム内容
演者からは、

  1. 市内の診療所スタッフが集まる研究交流集会を年1回開き、医療機関どうしの連携を図る。
  2. 医師・看護師・管理栄養士・理学療法士・歯科衛生士によるチーム医療を行い、専門職種によるリスクの早期発見をめざす。
  3. かかりつけ医と訪問看護師との連携により、在宅看取りを見据えた「見守る医療」を行う。
等、各地域での取り組みが述べられました。 会場からも多くの意見が出され、活発な討議が行われました。
 表彰(優秀研究発表者・第52回全国国保地域医療学会への推薦)
最優秀賞 「もの忘れ相談外来における看護の役割りとその取り組み」
国保上矢作病院 看護師 金子俊子氏
優秀賞 「効果的な口腔ケア方法の検討
  ~寝たきりで経口摂取をしていない残歯のある患者を対象に~」
国保坂下病院 介護福祉士 山本瑠伊奈氏
優秀賞 「土砂崩れから学んだ地域医療」
高山市国保高根診療所 医師 島崎亮司氏
優秀賞 「岐阜大学学生に対する地域医療実習の受け入れを経験して」
郡上市地域医療センター 医師 廣瀬英生氏
***
第51回全国国保地域医療学会で岐阜県共同研究を発表
平成23年11月12日(土) 高知県高知市

第51回全国国保地域医療学会(高知県開催)での研究発表において、岐阜県国保診療施設としての共同研究を発表しました。

共同研究(演題)



「岐阜県の国保直診における看取りの状況に関する研究」
東白川村国保診療所長 北川浩司氏

平成22年

***
第16回岐阜県国保地域医療学会の開催
平成22年11月21日(日) 岐阜市:岐阜県県民ふれあい会館

第16回学会メインテーマ 「地域医療を守ろう ~自守・共守・公守~」

学会長 瀬古章氏 (国保関ケ原病院長)
副学会長 棚橋徳重氏 (関市国保板取診療所長)
参加者数 309名
研究発表 60演題
特別講演 演題 「地域に安心を与える医療」
~埼玉県志木市の取り組み:『健康・医療・福祉都市構想』~
講師 長沼明氏 (埼玉県志木市長)
シンポジウム テーマ 「みんなで守ろう 地域医療」
演者 野村誠氏 (下呂市長)
北川浩司氏 (東白川村国保診療所長)
三宅芳子氏 (関ケ原町訪問看護ステーション訪問看護師)
直井千鶴氏 (郡上市健康福祉部健康課保健師)
北原圓平氏 (中津川市 青川フェニックス大学長)

シンポジウム内容
演者からは、

  1. 市民フォーラムや講演会等の開催により、市民・医療者・行政が一体となって地域医療を考える機会をつくる。
  2. 病院の整備や制度の改革のみならず、医療サービスの面でも住民が安心して暮らせる環境をつくる。
  3. 在宅医療や保健事業など、各施設でできること・できないことを取捨選択し、できることをしっかり続けていく。
等、各地域での取り組みが述べられました。 会場からは、
  1. 病気の治療のみならず、健康づくりへの意識を高めることも地域医療の貢献につながっている。
  2. 地域医療の現状を市民にも知ってもらい、地域が一体となって地域のあるべき姿を考えていかなければならない。
等の意見が出され、活発な討議が行われました。
 表彰(優秀研究発表者・第51回全国国保地域医療学会への推薦)
最優秀賞 「嚥下性肺炎クリニカルパスを用いた集学的治療による再発・胃瘻患者減少への試み」
国保飛騨市民病院 医師 工藤浩氏
優秀賞 「院内ガス滅菌廃止にむけて 安全な滅菌への取り組み」
国保坂下病院 看護師 赤坂純氏
優秀賞 「補助器具と改良説明書を用いた高齢者のインスリン治療継続への試み」
国保坂下病院 薬剤師 西尾晃氏
優秀賞 「職員健診における呼吸機能検査導入の経験」
本巣市国保根尾診療所 看護師 本郷美佐子氏
***
第50回全国国保地域医療学会で岐阜県共同研究を発表
平成22年10月8日(金) 京都府京都市

第50回全国国保地域医療学会(京都府開催)での研究発表において、岐阜県国保診療施設としての共同研究を発表しました。

共同研究(演題)

「岐阜県における特定健診受診率に関する相関研究」
郡上市地域医療センター国保和良診療所長 後藤忠雄氏
***
「地域医療」~国保直診の仲間たち~に掲載
平成22年06月30日(水) (Vol.48 No1):国診協発行

全国国民健康保険診療施設協議会が発行(年4回)の機関誌「地域医療」に、岐阜県の国保診療施設を代表して国保関ヶ原病院(細田きく子氏)より寄稿していただき、「国保直診の仲間たち」に掲載されました。


  • (写真前列左。中央は瀬古章院長)

国保直診の仲間たち
MSW
医療ソーシャルワーカー
「ネットワークで支えられる相談業務」
国保関ヶ原病院医療福祉相談室長
(副看護師長兼社会福祉士) 細田きく子氏

平成21年

***
第15回岐阜県国保地域医療学会の開催
平成21年11月15日(日) 岐阜市:岐阜県県民ふれあい会館

第15回学会メインテーマ 「今、求められる地域医療とは」

学会長 土川権三郎氏 (高山市国保丹生川診療所長)
副学会長 黒木嘉人氏 (国保飛騨市民病院長)
参加者数 320名
研究発表 56演題
特別講演 演題 「国保直診の現状と課題 ~地域における医療の再生を求めて~」
講師 冨永芳德氏(全国国民健康保険診療施設協議会会長・公立甲賀病院長)
シンポジウム テーマ 「わが地域で求められている医療」
演者 日置敏明氏 (郡上市長)
古田智彦氏 (下呂市立金山病院長)
伊左次悟氏 (白川村国保白川診療所長)
原孝俊氏 (中津川市特別養護老人ホーム恵翔苑施設長)
早川みどり氏 (恵那市市民福祉部健康推進課保健師)

シンポジウム内容
演者からは、地域医療の今後の在り方について、

  1. 住民・医療従事者・行政が一体となり、フォーラム、研究会を開催し住民のニーズに応える。
  2. 医療・保健・福祉を含めた包括ケアを展開していく仕組み作りが必要。
  3. 生活習慣病等地域住民の疾病予防のため国保直診施設としての取り組みや行政との連携が必要。
等を述べられました。 会場からは、
  1. 地域に根付いた医療の提供を行い、住民から期待される国保診療施設で在り続けることが必要であること。
  2. 「地域包括医療・ケア」を推進するためには、国保診療施設関係者が使命感と熱意を持ち、地域住民・患者の理解・信頼を得ることが最重要である。
等の意見が出され、活発な討議が行われました。
 表彰(優秀研究発表者・第50回全国国保地域医療学会への推薦)
最優秀賞 「退院調整困難事例を通して学んだ事」
国保飛騨市民病院 看護師 萩幸子氏
優秀賞 「地域包括ケアの展開-福祉健康まつり15周年を終えて-」
国保坂下病院 薬剤師 西尾晃氏
優秀賞 「言語聴覚士が関わる、病院全体で行う摂食嚥下療法」
国保坂下病院 言語聴覚士 安江耕作氏
***
第49回全国国保地域医療学会で岐阜県共同研究を発表
平成21年10月2日(金) 宮城県仙台市

第49回全国国保地域医療学会(宮城県開催)での研究発表において、岐阜県国保診療施設としての共同研究を発表しました。

共同研究(演題)

「岐阜県の国保直診における医師確保対策と成果」
国保飛騨市民病院長 黒木嘉人氏
***
第48回全国国保地域医療学会での最優秀・優秀研究発表演題に3名が受賞 平成21年10月2日(金) 宮城県仙台市

第48回全国国保地域医療学会(平成20年10月17日:神奈川県開催)での研究発表(300演題)の中から、優秀研究発表(計6名)として、岐阜県の国保診療施設の方から、最優秀(1名)、優秀(2名)が選ばれ第49回全国国保地域医療学会において表彰されました。

 最優秀賞

ターミナルケア1 「高山市丹生川地域における在宅緩和ケア10年のまとめ」
高山市国保丹生川診療所 所長 / 医師 土川権三郎氏

 優秀賞

看護2 「補助器具を用いたイノレットによる片麻痺患者へのインスリン導入」
国保坂下病院 薬剤師 西尾晃氏

 優秀賞

栄養管理1 「咀嚼・嚥下困難患者への取り組み」
国保飛騨市民病院 管理栄養士 松原美由紀氏
(第13回岐阜県国保地域医療学会最優秀発表者)

注釈 岐阜県該当者3名のみ抜粋(他県優秀者3名)

平成20年

***
第14回岐阜県国保地域医療学会の開催
平成20年11月16日(日) 岐阜市:岐阜県県民ふれあい会館

第14回学会メインテーマ
「激動の中で国保直診の新たな道を拓く~地域医療体制を踏まえて~」

学会長 高山哲夫氏 (国保坂下病院長)
副学会長 浦田英男氏 (中津川市国保蛭川診療所長)
島倉英州氏 (中津川市国保加子母歯科診療所長)
参加者数 290名
研究発表 56演題
特別講演 演題 「激動の時代 国保直診の歩むべき道」
講師 廣畑衛氏(全国国民健康保険診療施設協議会副会長
香川県三豊総合病院組合保健医療福祉管理者)
シンポジウム テーマ 「難局の中 地域包括ケアを如何に展開するか」
演者 井上久則氏 (飛騨市長)
後藤忠雄氏 (郡上市地域医療センター長)
土川権三郎氏 (高山市国保丹生川診療所長)
新村津代子氏 (本巣市健康福祉部健康増進課保健師)
 表彰(優秀研究発表者・第49回全国国保地域医療学会への推薦)
最優秀賞 「当院における感染対策に対する意識向上への試み」
国保坂下病院 看護師 山中美和氏
優秀賞 「死後訪問を通して学んだこと」
高山市国保丹生川診療所 看護師 西洋子氏
優秀賞 「一病院の全医師を対象とした『気道緊急/外科的気道確保』講習会のこころみ」
国保坂下病院 医師 村瀬吉郎氏
***
第48回全国国保地域医療学会岐阜県共同研究を発表
平成20年10月17日(金) 神奈川県横浜市

第48回全国国保地域医療学会(神奈川県開催)での研究発表において、岐阜県国保診療施設としての共同研究を発表しました。

共同研究(演題)

「『時間外診療』からみた岐阜県国保診療所の現状」
関市国保洞戸診療所長 安福嘉則氏

平成19年

***
第13回岐阜県国保地域医療学会の開催
平成19年11月18日(日) 岐阜市:岐阜県県民ふれあい会館

第13回学会メインテーマ  「地域包括ケアの未来」

  •     
学会長 後藤忠雄氏 (郡上市地域医療センター国保和良診療所長)
副学会長 安福嘉則氏 (関市国保洞戸診療所長)
参加者数 260名
研究発表 51演題
特別講演 演題 「医療制度改革とこれからの国保直診施設のあり方」
講師 川渕孝一氏(東京医科歯科大学大学院教授)
シンポジウム テーマ 「国保直診の新たなる役割」
演者 山田良司氏 (下呂市長)
黒木嘉人氏 (国保飛騨市民病院長)
前野禎氏 (恵那市国保岩村診療所長)
金子比呂美氏 (高山市荘川支所市民福祉課保健師)
 表彰(優秀研究発表者・第48回全国国保地域医療学会への推薦)
最優秀賞 「咀嚼・嚥下困難患者への取り組み」
国保飛騨市民病院 管理栄養士 松原美由紀氏
優秀賞 「ベッド上で座位を保つための工夫」
下呂市立金山病院 看護師 池戸里美氏
優秀賞 「合併町村における保健師による自主学習会について」
郡上市国保白鳥病院 保健師 長岡千春氏
岐阜県国保診療施設

PDFファイルをご覧いただくためには、閲覧ソフトが必要です。
下記バナーリンク先よりダウンロードしてお手持ちのパソコンにインストールしてください。(外部リンクです。)
アドビリーダーのダウンロードページへのリンク

このページの一番上へのリンク