出産育児一時金の直接支払制度

出産育児一時金の医療機関等への直接支払制度

少子化対策の一環として、出産に係る被保険者の経済的負担を軽減し、安心して出産できるように、健康保険法施行令が改正され、平成21年10月1日から出産育児一時金の金額が42万円に引き上げられました。 併せて出産育児一時金の医療機関等への直接支払制度が実施され、分娩取扱い医療機関や助産所が被保険者等に代わって支給申請及び受取を直接医療保険者へ行うことになりました。

注釈被保険者が直接支払制度を利用されない場合は、被保険者が出産育児一時金を出産後に医療保険者から受け取る従来の方法をご利用いただくこととなります。

1.請求方法
出産育児一時金の請求をされる場合は、以下の方法にて請求してください。
2.請求取下方法
出産育児一時金請求の取り下げ依頼をされる場合は、以下の様式に必要事項を記載のうえ、本会宛に郵送してください。

制度の詳細・通知文等については、
厚生労働省ホームページ  出産育児一時金についてをご参照ください。

一般の皆さんへ
保険医療機関(保険薬局)の皆さんへ
介護保険事業者の皆さんへ
障がい福祉サービス事業者の皆さんへ

PDFファイルをご覧いただくためには、閲覧ソフトが必要です。
下記バナーリンク先よりダウンロードしてお手持ちのパソコンにインストールしてください。(外部リンクです。)
アドビリーダーのダウンロードページへのリンク

このページの一番上へのリンク